ジチョー人見誠の履歴書その㉕[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン⑦ 総括編]

ジチョー人見誠の履歴書その① 「幼少期編」

ジチョー人見誠の履歴書その② 「ラグビーとの出会い編

ジチョー人見誠の履歴書その③ 「岡山の高校ラグビー事情編」

ジチョー人見誠の履歴書その④ 「ジチョーの青春高校ラグビー“前編”」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑤ 「ジチョーの青春高校ラグビー“完結編”」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑥ 「ジチョーのだらしない高校生活編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑦ 「当時の大学ラグビー勢力図編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑧ 「帝京大学ラグビー部入部編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑨ 「関西人とのバトル編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑩ 「関西人から学んだこと」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑪ 「初めての大学ラグビー春シーズン編」

※ジチョー人見誠の履歴書その⑫[初めての大学ラグビー夏合宿前編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑬[初めての大学ラグビー夏合宿後編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑭[関東大学ラグビーの歴史編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑮[1985年シーズン帝京大学の立ち位置編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑯[ジチョーアルバイト開始編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑰[パチンコの歴史編・草創期~1985年]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑱[ジチョーを悪の道に引きずり込んだ悪友編]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑲[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン編①]

※ジチョー人見誠の履歴書その⑳[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン② 1年生はつらいよ編]

※ジチョー人見誠の履歴書その㉑[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン③ 炎の早稲田戦編]

※ジチョー人見誠の履歴書その㉒[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン④ 魂の明治戦編]

※ジチョー人見誠の履歴書その㉓[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン⑤ 苦闘の後半戦編]

※ジチョー人見誠の履歴書その㉔[帝京大学ラグビー部1985年秋シーズン⑥ 失意の終戦編]

 

1985年(昭和60年)関東大学対抗戦グループ最終結果

長らくシリーズでお伝えした私ジチョーの大学1年時1985年(昭和60年)シーズンの振り返りですが、この年の関東対抗戦グループ順位は最終的にこの通りとなりました。

1位 明治大学  8勝2分0敗

2位 早稲田大学  8勝1敗

3位 日本体育大学  6勝1分1敗

4位 慶應義塾大学  5勝1分2敗

ーーー(ここまでが交流試合に出場)ーーー

5位 青山学院大学  5勝5敗

6位 筑波大学  3勝5敗

7位 帝京大学  6勝5敗

8位 成蹊大学  5勝4敗

9位 立教大学  5勝5敗

10位 学習院大学  3勝6敗

11位 東京大学  1勝8敗

12位 成城大学  4勝4敗

13位 一橋大学  2勝5敗

14位 明治学院大学  1勝6敗

15位 上智大学  1勝6敗

シーズン突入前の解説でも書きましたが、当時の関東大学対抗戦グループは総当り形式ではありませんので、試合数もマチマチだし上位校との対戦があったりなかったりしますので、勝数や勝率と順位が全然一致しないという、一見しただけでは理解しにくいシステムとなっています。

でも、マネージャー会議での協議等を経て最終順位は上記の通り確定。

我らが帝京大学は交流試合出場圏内の4位以内どころか、7位という厳しい結果に終わりました。

そんなわけで帝京大学は11月末時点で完全にシーズン終了となりましたが、この年度の最後の戦いはそこから1ヶ月強、最長で年を越えて1月中旬まで続きます。

 

交流試合

そして対抗戦の上位4校は関東大学リーグ戦の上位4校とたすきがけで交流試合と呼ばれる一発勝負を戦い、勝った4校が大学日本一を争う大学選手権出場への出場権を得るというのが当時のシステムです。

その結果は・・・

○明治大学[対抗戦1位] 28(前半13-8/後半15-4)12 国士舘大学[リーグ戦4位]●

○早稲田大学[対抗戦2位] 22(前半3-7/後半19-0)7 専修大学[リーグ戦3位]●

○日本体育大学[対抗戦3位] 16(前半10-10/後半6-0)10 大東文化大学[リーグ戦2位]●

○慶應義塾大学[対抗戦4位] 26(前半9-0/後半17-8)8 日本大学[リーグ戦1位]●

4試合すべて対抗戦のチームが勝ち、その結果対抗戦の4校が大学選手権出場、リーグ戦4校は1校も出場できずという結果となったんですね。

 

第22回全国大学選手権大会

そして全国大学ナンバーワンを決める戦い、大学選手権が関東4校、関西3校、九州1校の計8校によるトーナメント形式で行われます。

この前年まで史上初の大学選手権3連覇という輝かしい記録を打ち立てていた同志社大学ですが、じつはご覧の通りベスト4にも残れず既に4連覇成らずは決まっています!

 

準決勝

○明治大学 24(前半12-0/後半12-4)4 京都産業大学●

○慶應義塾大学 15(前半9-6/後半6-0)6 早稲田大学●

 

決勝

△慶應義塾大学 12(前半9-9/後半3-3)12 明治大学△

※両校優勝(抽選の結果、慶應義塾大が日本選手権出場)

慶應義塾大出場メンバー

1 橋本(達)[慶應高]4年

2 五所[慶應高]4年

3 中野[慶應高]3年

4 柴田(志)[慶應高]2年

5 山越(克)[慶應高]3年

6 栗原[慶應志木高]4年

7 上島[慶應高]3年

8 油山[慶應高]3年

9 生田[慶應高]4年

10 清水(周)[慶應高]4年

11 太田(浩)[神戸高]3年

12 青井[桐朋高]4年

13 林[慶應高]4年

14 若林[小石川高]3年

15 渡瀬[慶應高]4年

明治大学出場メンバー

1 太田(治)[秋田工高]3年

2 中村(紀)[城北高]4年

3 篠原[帯広工高]4年

4 乾[西陵商高]3年

5 田中(龍)[秋田中央高]4年

6 土井(太)[報徳学園高]2年

7 中島[大津高]2年

8 高橋[黒沢尻工高]3年

9 南[大工大高]4年

10 佐藤(聡)[早実高]3年

11 国定[青山学院高]4年

12 出向井[大工大高]4年

13 川上[武豊高]2年

14 鵜沼[磐城高]2年

15 村井[秋田工高]3年

なんとなんと、慶應と明治が同点引き分けで両校優勝に!

社会人ナンバーワンとの日本一を決める戦い、日本選手権への出場権は抽選の結果、慶應義塾大が得ることとなりました!

 

第38回全国社会人大会

準決勝

○神戸製鋼[近畿二区] 13(前半3-0/後半10-9)9 新日鉄釜石[前回優勝]●

○トヨタ自動車[東海・北陸] 24(前半9-0/後半15-10)10 九州電力[九州一区]●

 

決勝

○トヨタ自動車 12(前半6-0/後半6-3)3 神戸製鋼●

※トヨタ自動車が8年ぶり3度目の優勝

トヨタ自動車出場メンバー

1 八角[保善高]28歳

2 畠山[明治大]26歳

3 池田[中京大]28歳

4 重村[中京大]26歳

5 塚本[帝京大]23歳

6 竹村[帝京大]26歳

7 安江[関商工高]23歳

8 宗雲[佐賀工高]24歳

9 上杉[西陵商高]22歳

10 朽木[日体大]22歳

11 辻[日体大]27歳

12 斎藤[秋田工高]25歳

13 田村[帝京大]24歳

14 中川[早稲田大]27歳

15 芳野[日体大]29歳

神戸製鋼出場メンバー

1 兼平[法政大]26歳

2 松田[淀川工高]24歳

3 中山(敬)[同志社大]25歳

4 林[同志社大]25歳

5 大八木[同志社大]24歳

6 安積[慶應義塾大]30歳

7 東山[慶應義塾大]27歳

8 佐藤[同志社大]28歳

9 萩本[同志社大]26歳

10 山北[法政大]25歳

11 菅野[同志社大]27歳

12 大山[明治大]30歳

13 藤崎[早稲田大]24歳

14 岩崎[早稲田大]27歳

15 下坂[法政大]28歳

大学では3連覇中だった同志社大の連覇が途絶えましたが、社会人でも7連覇中だった新日鉄釜石が準決勝で神戸製鋼に敗れてしまいました。

同志社大はスーパースター平尾誠二さんが3連覇の大記録とともに昨シーズン限りで卒業、

同志社時代の平尾誠二選手

同じく新日鉄釜石も松尾雄治さんが7連覇を花道に引退。

7連覇した試合での松尾雄治選手

両チーム関係者とも「平尾(松尾)が抜けたから弱くなった!」とだけは言われたくなかったでしょうし、おそらくそうさせじと死に物狂いでがんばったんでしょうが、運命の神様は残酷なもんですね・・・。

ところで、その新日鉄釜石を倒した神戸製鋼を決勝で破り、悲願の社会人王者となったのはトヨタ自動車ですが・・・

前年に明治大学を破った代の帝京大主将だった塚本浩二選手が5番右LOで、

その前の年、初めて早稲田大を破った代の帝京大主将だった田村誠選手(田村優・煕兄弟のお父さん)が13番CTBで、

そしてその前の年の帝京大主将だった竹村光弘選手が6番FLでそれぞれ出場、トヨタ自動車の全国制覇に貢献されました。

「昨シーズンから帝京大は、塚本主将しかレギュラーが抜けていないので戦力は大丈夫!」こんな下馬評しか聞いたことがなかったのですが、結局FWが粉砕され、筑波戦の時に顕著だったようにラインアウトやキックオフでことごとくボールをロスしてしまう光景を観た時に、「たったひとりの核がいなくなっただけで、こんなガタガタになるもんなのか!?」ということを痛感させられましたよね。

結局のところラグビーは団体競技なので、ひとりふたり良い選手がいてもダメ・・・だというのも定説であり、それはそれで全く間違ってないんでしょうが、やっぱり要所要所にしっかりとしたプレーヤーがいないと機能しないというのも、このとき個人的には私のラグビー感として深く胸に刻み込まれた・・・そんなエピソードでした。

 

第23回日本選手権 

○慶應義塾大学 18(前半3-0/後半15-13)13 トヨタ自動車●

 

慶應義塾大出場メンバー

1 橋本 達矢[4]慶應178cm/85kg

2 五所 紳一[4]慶應182cm/86kg

3 中野 忠幸[3]慶應180cm/90kg

4 柴田 志通[2]慶應181cm/81kg

5 山越 克雄[3]慶應188cm/95kg

6 栗原 正信[4]慶応志木167cm/72kg

7 上島 治[3]慶應179cm/80kg

8 油山 哲也[3]慶應180cm/76kg

9 生田 久貴[4]慶應177cm/74kg

10 清水 周英[4]慶應176cm/76kg

11 太田 浩介[3]神戸172cm/73kg

12 青井 博也[4]桐朋173cm/73kg

13 林 千春[4]慶應170cm/70kg

14 若林 俊康[3]小石川171cm/73kg

15 渡瀬 裕司[4]慶應174cm/72kg

トヨタ自動車出場メンバー

1 八角 浩司[28]保善171cm/86kg

2 畠山 一寿[26]明治大172cm/78kg

3 池田 洋七郎[28]中京大168cm/87kg

4 重村 政実[26]中京大186cm/90kg

5 塚本 浩二[23]帝京大188cm/90kg

6 竹村 光弘[26]帝京大174cm/75kg

7 安江 健二郎[23]関商工174cm/80kg

8 宗雲 克美[24]佐賀工181cm/88kg

9 上杉 良広[22]西陵商163cm/60kg

10 朽木 英次[22]日体大173cm/72kg

11 辻 悦朗[27]日体大180cm/77kg

12 斎藤 進[25]秋田工171cm/71kg

13 田村 誠[24]帝京大173cm/74kg

14 中川 俊一[27]早稲田大174cm/75kg

15 芳野 喜隆[29]日体大175cm/74kg

学生ナンバーワンと社会人ナンバーワンが1月15日成人の日に一発勝負で戦う形式だった当時の日本選手権!近代ラグビーでは考えられませんが、当時は学生が社会人に勝利することもあったんですよね。

そしてこの年も、慶應義塾大が社会人王者トヨタ自動車を下し、うれしい日本一に輝きました!

 

第65回全国高校ラグビー大会

準決勝

○本郷[東京第1] 12(前半6-0/後半6-10)10 相模台工業[神奈川]●

○大東大一[東京第2] 15(前半9-0/後半6-3)3 熊谷工業[埼玉]●

決勝

○大東大一 8(前半4-0/後半4-0)0 本郷●

高校ラグビーではこの年、大東大一が悲願の全国初制覇を果たしました。

このチームから石田和也くんという身体も顔も態度もやたらとデカいLOが翌年、帝京大学へ入学するんですよね。それから30年経っても、とても後輩とは思えないふてぶてしさを発揮しています(笑)

 

私が帝京大学1年生としてひたすら雑用に追われたこの年、国内ラグビー界の最高峰に君臨していたのはこんなチームのこんな方々でした。

ラグビーという競技が大勢のファンから注目されていた、本当に古き良き時代でした。

そんなわけで私の大学1年時のラグビーは、これにて完結です♪

The following two tabs change content below.
ジチョー人見 誠

ジチョー人見 誠

パチンコ業界一筋30年、都内パチンコ店の営業責任者の50歳!岡山県岡山市出身!関西(かんぜい)高校入学後ラグビーと出会い、そのままラグビーに没頭!高校3年時にはラグビー部主将を務め~帝京大学でもラグビー部に在籍。息子も帝京大学ラグビー部に所属、史上初の親子部員。今でも足しげくグラウンドに足を運び、年間約120試合観戦している。

関連記事

高校ラグビー春の全国選抜大会は本日準々決勝です!

春休みの時期に行われる高校の全国大会と言えば・・・“春の選抜” 第90回選抜高等学校野球大会は

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Bvs流通経済大学B」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)6月18日(日)15:15キックオフ 於:帝京大学百草グラ

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Cvs慶應義塾大学C」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)10月21日(土)14:45キックオフ 於:帝京大学百草グ

記事を読む

私ジチョーがこのブログを読んでもらいたいターゲット その②

私ジチョーがこのブログを読んでもらいたいターゲット! ※前回のブログ「一人目のターゲット」はこ

記事を読む

吉野家の牛丼の美味しい食べ方を紹介します♪

なぜか最近、吉野家の牛丼にめちゃめちゃハマってる、ジチョー人見誠です(笑) 私にとって牛丼と言

記事を読む

ラグビーワールドカップ2019の予選グループ分けが決まりました!

2年前に行われた「第8回ラグビーワールドカップ2015」で日本代表が、当時世界ランキング3位だった南

記事を読む

高校ラグビー「関東新人大会」準決勝が行われました!

  昨年12月27日~今年1月7日までの日程で行われた「全国高等学校ラグビーフットボ

記事を読む

関東大学対抗戦「帝京大学vs慶應義塾大学」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)11月5日(日)14:00キックオフ 於:相模原ギオンスタ

記事を読む

練習マッチ「帝京大学Avs早稲田大学A」観戦記

試合結果 2017年(平成29年)8月20日(日)13:00キックオフ 於:菅平サニアパーク

記事を読む

高校ラグビー新人戦埼玉県予選決勝「深谷vs昌平」観戦記

試合結果 2018年(平成30年)2月4日(日)15:30キックオフ 於:立教新座高校グラウ

記事を読む


  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑